かりん 大阪の箏(琴)教室

2021年3月20日 土曜日

今日は、市原凛音先生と東大阪教室の開講に向けた打ち合わせをしました。

4月17日土曜日より、新たに東大阪教室を開講することになりました。

レッスン日時はご相談に応じます。(若江岩田教室は平日のみ)
レッスン場所は、以下2箇所から選択可能です。
【額田教室】近鉄奈良線額田駅から徒歩5分
【若江岩田教室】近鉄奈良線若江岩田駅から徒歩5分

講師の市原凛音先生は、今年、師範免許を取得されました。
私の教室で、これまでに師範免許を取得された方はたった3人です。
それほど難しい試験に合格された実力のある先生です。

人柄はとても明るく、面白く、気さくな方です。
話しやすく、緊張感を与えない雰囲気があります。
琴だけではなく、絵を描いたり、裁縫まで得意な多才な方です。
介護ヘルパーのお仕事をしながら、3人の幼いお孫さんの面倒を見る、パワフルさも持ち合わせています。

市原凛音先生のレッスンは、きっと楽しい時間になると思います。

是非、体験レッスンに来ていただけたらと思います。
体験レッスンのお申込みはこちら

 

2021年3月15日 月曜日

昨日、コンサートを開催しました。
たくさんの方にご来場いただき、満席となりました。

出演者の皆さんから感想を頂きましたので、一部をご紹介します。
「今回は、とても落ち着いて弾くことが出来ました。また、いろいろな曲にチャレンジしたいと思っています。」
「なんとかオリジナルに近い速さで、聞き応えのある演奏が出来たかなと思います。たくさん練習して、合奏して、本当に楽しかったです。」
「今までご指導くださったおかげで、コンサートの本番が一番上手に弾けました。かりん先生のおかげです。」
「こんなに楽しい時間は他にないと思うほど、毎回楽しく参加させていただいています。昨日の興奮がまだ冷めておりません。あくるひが悔いなく弾けて、大満足です。」
「今年は、楽譜通り弾くだけじゃなくて、気持ちを乗せながら楽しんで弾くことが出来ました。今の自分の精一杯が出せたと思います。難しい曲にチャレンジさせていただいて、ありがとうございました。これからも成長できるように頑張ります。」

これまでのコンサートでは、本番で、練習の成果が発揮出来ずに悔しい想いをされている方が多かったです。
でも、今回は、良い緊張感の中、練習以上の力を発揮できた人が多かったようで、本当にとても嬉しいです。

皆さん、本当にお疲れ様でした!

 

2021年3月11日 木曜日

今日は、Tさんが体験に来られました。
中学・高校のクラブ活動で、琴の経験があるそうですが、ここ20年程は全く弾いていないとのことでした。
今日は、過去に弾いたことがあるという「六段の調べ」を弾きました。
初段を丁寧に最後まで弾くことが出来て、20年のブランクを感じませんでした。
気に入っていただけたようで、今月から通っていただくことになりました。
是非、また琴を楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

2021年3月7日 日曜日

この2日間は、コンサートに向けた最終の合奏練習をしました。

昨年11月から何度も合奏練習を繰り返してきました。
昨年の合奏練習は、合わせることが目的ではなく、1人1人が一緒に演奏するメンバーから良い刺激を受けてほしいなぁという気持ちでやっていました。
合奏練習に参加すると、「みんなの足を引っ張りたくない」という気持ちになり、それぞれが自主練習を頑張るようになります。
それがとても大事なことです。

初めはグループの力より、個の力を高めることが不可欠です。
個の力を高めるための刺激として、合奏練習をしています。

そして、コンサート数か月前になると、合わせるための合奏練習をしていきます。
リズムが難しい曲や、スピードが一定ではない曲は、合わせるための合奏練習が大事になります。

みんなの頑張りのおかげで、良い感じに仕上がってきました。
あと1週間、最後の追い込み、頑張りましょう。

 

2021年3月2日 火曜日

先日のブログでお伝えしましたが、今回のコンサートでは、琴の入れ替えの時間に朗読を予定しています。
そして、今日、コンサートで朗読する内容が決定しました。
いろいろと読み漁り、ようやく素敵な話や詩に出会いました。

以下の朗読を予定してます。
小川未明作 『チューリップの芽』
えんとつ町のプペルより『ブルーノの紙芝居』
新美南吉作 『里の春、山の春』
谷川俊太郎 『春に』 『生きる』

朗読する話の選定にあたっては、演奏曲とお話がリンクするように考えました。

『春よ来い』
春を待つ可愛い『チューリップの芽』

『紅蓮華』
自分の信念を強く持ち、周りに流されずに探し求める旅をする『ブルーノの紙芝居』

『ヴィヴァルディ四季より春』
初めて春を迎える生まれたばかりの小鹿が里で春を知り、山にも美しい春が訪れる『里の春、山の春』

『千本桜』
春に感じるさまざまな気持ちを豊かに表現した『春に』

『翊‐あくるひ‐』
日常にある当たり前のこと、人間らしい感情、この瞬間のさまざまな出来事に命を感じる『生きる』

是非、朗読も楽しんでいただけたらと思います。

 

2021年3月1日 月曜日

今日は、Tさんが自主練に来られました。

昨年7月より、自宅に琴を持っていない方の自主練習のために、教室を開放しています。
これまで約10名の生徒さんが自主練習で教室を利用しています。

Tさんは、まだ琴を習い始めて数か月の初心者ですが、コンサートに向けて一生懸命練習しています。
今日は、なんと3時間、休みなく、ずっと練習していました。
演奏曲は2分程度のさくらさくらです。
ひたすら繰り返し繰り返し練習していました。

そして、今週は、さらに3日間連続でレッスンの予約をしています。
本当に頑張り屋さんだなぁと感心しています。

コンサートは、初心者から上級者まで出演しますが、皆さん、本当に頑張って練習しています。
コンサートがとても楽しみです。

 

2021年2月27日 土曜日

今日は、2名の方が体験レッスンに来られました。

1人目は、高校時代の部活で琴を弾いた経験者です。
もう一度、琴に触れてみたいという気持ちで、体験に来られたそうです。
高校の部活が楽しかったようで、グループレッスンを希望されていました。
4月までは、個人レッスンでグループレッスンの合奏曲を練習し、5月からグループレッスンに参加していただくことになりました。

2人目は、学校で文化に触れる機会があり、少し琴を触ったことがあるという初心者です。
趣味を見つけたいと思っていた時に、琴に触れたときの楽しい思い出が蘇ったそうです。
今日のレッスンも楽しかったようで、通っていただくことになりました。
琴の購入も検討されているようです。

たくさん弾いて、楽しんでいただけたらと思います。

 

2021年2月26日 金曜日

今日は、Rちゃんが約1年ぶりにレッスンに来てくれました。
最初にレッスンに来てくれたのは、6年前で中学生でしたが、今はもう大学生です。
ずっと定期的に通っているわけではありませんが、忙しい時期はお休みしながら、続けています。
「大きくなったなぁ。大人になったなぁ。」と成長が見られるのは嬉しいことです。

1人1人、それぞれのペースで通っていただくことが出来るので、しばらくお休みされている方も来ていただけたら嬉しく思います。

 

2021年2月23日 火曜日

今日は、9歳の女の子が体験に来てくれました。
体験予約のご連絡に加えて、下記の内容が書かれていました。
「娘が、学校の音楽会で、琴を担当するのですが、どうしても弾けない箇所があり、本人がとても悩んでいます。」

今日は、音楽会で弾く予定の曲を弾いてもらいました。
私が教えることがないくらい、上手に弾いてくれました。
「大丈夫。とても上手に弾けてますよ♪」と私が言うと、自信が持てたようで、帰ってから、「音楽会、大丈夫そう」と笑顔になっていたそうです。

琴に興味を持ってくれて、来月から月2回通っていただくことになりました。
是非、長く続けて、「琴が特技」と言ってもらえたら嬉しいです。

 

2021年2月22日 月曜日

今日は、コンサートに向けて、舞台担当者と打ち合わせをしてきました。
今回は、初めての試みとして、琴の入れ替え時間に、素敵な話や詩を朗読する予定です。
朗読のための音響や照明も考えて、希望をお伝えしました。
こちらの希望通り、実施出来るようで、安心しました。
素敵なコンサートになりそうで、ワクワクしています。

出演される皆さん、残り3週間、最後の追い込み、頑張りましょう。

 

2021年2月20日 土曜日

今日は、Iさんが体験レッスンに来られました。
初心者の方だったので、さくらさくらを弾いてもらいました。
気に入っていただけたようで、来月から通っていただくことになりました。
体験後に、何冊か楽譜をお見せしたところ、「夜空ノムコウ」を弾きたいということでした。
初心者でも弾くことが出来る曲をたくさん用意していますので、是非、いろいろな曲に挑戦して、楽しんでもらえたらと思います。

 

2021年2月16日 火曜日

今日は、Sさんが体験レッスンに来られました。
高校生の時に部活で琴を弾いていたそうです。
彼氏も体験レッスンを受けたいと言われたようで、2人で体験に来られました。
Sさんは、留学する予定だったそうですが、コロナの感染拡大で断念し、今は就職活動をされています。
でも、いずれは海外で働くという夢があるそうです。
海外を見据え、日本の楽器を特技にしたいと思われたようです。
就職が決まり次第、レッスンを受けていただくことになりました。
無事に就職が決まることを祈っています。

 

2021年2月15日 月曜日

今日は、コンサートのチラシ作成を業者に依頼しました。
3月のコンサートは、春の曲が多いので、チラシは淡い桜色に仕上げていただきました。
とても可愛いチラシです。
チラシはこちら

是非、ご家族、お友達をお誘いください♪

 

2021年2月14日 日曜日

今日は、先日の発表会の写真を整理しました。
キラキラ輝くステンドグラスの会場で、鮮やかな着物姿が映えて、美しいです。
出演した皆さんには、今週中に写真・動画をお送りしますので、少々お待ちください。

 

2021年2月13日 土曜日

今日はHさんが体験に来られました。
体験予約のご連絡に加えて、下記の内容が書かれていました。
「5年前に1年間、近所のお琴教室に通っていました。
 レッスン中はお喋りを少なめに集中して弾きたい私には向いておらず、辞めてしまいました。
 趣味と言える趣味が欲しいので、またレッスンが出来ると嬉しいです。」

そういえば先日、生徒のNさんがこんなことを言われていました。
「以前習っていた琴教室は、先生が高齢で、レッスン時間の大半が先生のお喋りでした。
先生の飼っていたネコが亡くなったときは、ネコとの思い出話で、レッスン時間が終わってしまい、全く弾かずに帰ったこともあって。私、一体、何をしにきているんだろうって。。。
こちらの教室では、50分間、きちんとレッスンをしてくれるので嬉しいです」と。

私は内向的な性格なので、自分の話をすることが苦手です。
会社員として働いていると、よくこんな言葉を言われました。
「吉田さんは、一つ一つ丁寧だし、早いし、仕事は出来るのに、アピールしないから、評価されないんだよ」と。

内向的な性格なので、もともと出世欲は無いのですが、それでも承認欲はあるのです。
一般社会では評価されにくい、自分の内向性が嫌になることもありました。
でも、琴教室では、私みたいな性格がいいと思ってくれる人もいるので、本当にありがたいです。

今日、体験に来られたHさんにも気に入っていただけたようで、今後も通っていただくことになりました。
長く続けて「琴が趣味」と言ってもらえたら嬉しいです。

 

2021年2月8日 月曜日

今日は1年ぶりにHさんがレッスンに来てくれました。
これまでHさんは5歳の娘さんと一緒にレッスンを受けていましたが、今日は娘さんを保育園に預けて、1人のレッスンでした。
Hさんは、小学2年生の男の子と、5歳の女の子のお母さんですが、旦那さんは単身赴任のため、1人で子育てをしながら、働いているそうです。
久しぶりにレッスンに来ていただいて、「本当に良い気分転換になった!」と笑顔で話してくれました。
また、定期的に通っていただくことになり、とても嬉しいです。

 

2021年2月6日 土曜日

今日はEさんが体験に来られました。
弦楽器に興味があり、ヴァイオリンを習っているそうです。
琴には初めて触れたそうですが、興味を持っていただけたようで、今後も通っていただくことになりました。

Eさんは20代男性の方ですが、勤務先の会社の福利厚生で、年間4万円を自由に使えるそうです。
旅行にも使えるそうですが、コロナの影響で旅行に行けないため、当教室のレッスン代として利用したいとのことでした。

自分の楽しみや経験のために、会社がお金を支給してくれるなんて、良い会社だなぁと思いました。
しかも、勤務日数は月10日間程で、自由な時間もたっぷりあるそうです。

いろいろな会社があって、個人の考え方も働き方も様々です。

学生の頃は学校の中の世界が全てで、社会人になると同じ会社で働く人が全てになりがちですが、琴を通して、いろいろな人と出会えるのは大きな魅力です。
そして、最近は、生徒さん同士でも繋がって、交流を持っていて、それもまた嬉しいことです。
いろいろな人と出会って、自分の世界や、考え方を広げていけたらなぁと思っています。

 

2021年2月2日 火曜日

先日の発表会に出演された方から、発表会の感想をいただきましたので、一部をご紹介します。
「他の方々の演奏を聴けて楽しく、今後の励みになりました。」
「コロナ禍の今でも、お琴を発表できる機会を設けていただいて、とても嬉しかったです。」
「本番はミスが多くて反省ですが、目標にしていた楽しく弾くということは出来たと思います。
 まだまだ弾くことだけに必死ですが、人の心に響く音を出すという生涯の目標も出来ました。」

出演した皆さんにとって、発表会での演奏が良い刺激になっているようで、嬉しいです。
また、3月に向けて、頑張りましょう。

 

2021年2月1日 月曜日

今日はHさんが体験に来られました。
Hさんから体験申し込みの連絡を頂いたときに、
「変な質問で申し訳ないのですが、琴って弦楽器ですか?」と質問されました。
「はい。弦楽器です。」とお答えしたのですが、その質問が気になっていました。

今日、直接お会いして、「どうして琴を始めようと思ったんですか?」とお聞きしたところ、
「占い師さんから「あなたは弦楽器を始めたほうが良い」と言われたんです」という回答でした。

今まで、たくさんの方に琴を始めたいと思った経緯を聞いてきましたが、占い師の助言というケースは初めてです。
こんなふうに、いろいろな方に出会ってお話を聞くことがとても面白いです。

体験後に、「今後も通いたいです」と言っていただきました。

琴を弾くことによって、Hさんの運気が上がりますように♪

 

2021年1月31日 日曜日

今日、発表会を開催しました。
発表会は、出演者自身が自分の好きな曲を選曲しています。
合奏曲は、螺鈿・まほら・紅蓮華・さくら変奏曲・さらし風手事の5曲です。
いずれも生徒さんから「弾きたい!」と要望があった曲です。

そして、6名がソロ曲を演奏しました。
ソロ曲は、春の海(クラリネットとの合奏)、CheapThrills、六段の調べ、風に聞け、カノン、いつも何度でも の6曲です。

出演したOさんとIさんがこのように話してくれました。
2人とも2015年の発表会でソロを弾いた方です。
「先生、実は、私たち、以前の発表会でソロ曲を弾いたとき、練習通りに弾けずに、ミスをいっぱいしちゃって。。。それで、発表会後に2人で喫茶店に行って、落ち込んで、「もう琴を辞めよう」と話していたんです」と。

2人とも、発表会に向けて、毎日何時間も練習していたからこそ、すごく落ち込んで「辞めたい」と思ったのだろうと思います。

あれから5年。
悔しい思い、苦しい思いをしながら、それでも2人が辞めなかった理由は何だろう。。。

理由は分かりませんが、自分の意志で「辞めないこと」を決断し、続けてきたという事実があります。

そして、「継続は力なり」です。
今回、Oさんが準師範、Iさんが師範を取得されました。

「地道に努力を続けていけば、いつかは大成できる。」
陳腐な言葉ですが、それを体現した2人は素晴らしいと思います。

本当におめでとうございます!!

 

2021年1月30日 土曜日

今日はYさんが体験に来られました。
お母さまが長く琴を習っていて、小学生の頃、数回お母さまに教えてもらったことがあるということでした。
実家の京都に今はもう使われていない琴があるそうですが、今住んでいる大阪市の自宅は弾けない環境ということでした。
教室での自主練習もご案内しましたが、レッスン受講のみとなりました。
来月からレッスンを受講していただく予定です。

練習したほうが上達が早いので、自宅もしくは教室での自主練習をおすすめしていますが、もちろん、練習無しで、レッスン受講のみも可能です。
1人1人のペースに合わせて、レッスンを進めていきますので、是非、お気軽に来ていただけたらと思います。

 

2021年1月25日 月曜日

今日、この春に社会人になる予定のHさんから連絡がありました。
卒業論文や、社会人に向けての事前の課題で、手一杯のため、発表会を欠席すると言われていたのですが、先週末で、授業が終わり、余力が出来たようで、「やっぱり発表会に参加したい」とのことでした。
東京で社会人生活を送られる予定なので、今回が最後の発表会の参加となります。

曲目はCheap Thrillsで、ソロ演奏です。
昨年9月にHさんからの依頼を受けて、五線譜から琴譜に直した曲です。

最後の発表会、是非、楽しんでもらえたらと思います。

 

2021年1月24日 日曜日

1月1日のブログで、東大阪教室の開講について記載しました。
このブログを読んだ、数名の生徒さんから東大阪教室の詳細についてお問合せがありました。
まだ詳細を検討中なのですが、今のところ、以下のように考えています。

開講時期:2021年4月頃
講師:市原凛音先生
場所:近鉄奈良線額田駅から徒歩5分及び近鉄奈良線若江岩田駅から徒歩4分(2箇所から選択可能)
レッスン日時:応相談
レッスン形態:個人レッスンのみ(グループレッスン無し)
レッスン費用:本町の教室と同額

正式には3月末頃にこのホームページにてご案内したいと思いますので、しばらくお待ちください。

 

2021年1月23日 土曜日

来週の発表会に向けて、プログラムを作成しました。
昨年、準師範試験に合格者された方を初めて名取名で記載しました。
生田流現代派では、準師範試験に合格すると、「凛」の入った名取名が付きます。

名取とは、芸道において一定の技能を修得して師匠より芸名を許されること、許された人。またその芸名のことを名取名という。(ウィキペディア引用)

プログラムに新しい名取名を記載しながら、とても嬉しい気持ちになりました。
今年、さらに名取が増えるといいなぁと思っています。

 

2021年1月22日 金曜日

今日は50代のKさんが体験レッスンに来られました。
小学生から高校生の頃まで琴を習っていたそうです。
体験では、「君をのせて」を弾いてもらいましたが、弾き方はきちんと覚えていて、最後まできれいに弾くことが出来ました。
月1回程度のレッスンでも受け入れている教室を探していたそうです。
気に入っていただけたようで、引き続き、通っていただくことになりました。
長らく家に放置されている琴があるそうなので、弦を張り替えて、是非たくさん弾いてもらいたいです。

 

2021年1月21日 木曜日

昨日、中学生のYちゃんの十七弦の個人レッスンでした。
小学3年生の頃からずっとレッスンに来てくれているのですが、十七弦のレッスンは初めてです。
レッスン後に「十七弦を購入したい」という相談がありました。
私が持っている5面の十七弦を見せたところ、「これがいい!」と選んでいました。
帰宅後にご両親と相談して、購入について了承を得たそうです。

本日、Yちゃんのお母さまから連絡がありました。
なんと、十七弦購入のために、Yちゃんがお年玉を出したそうです。

皆さんは、お年玉を何に使われたでしょうか。

私は、お年玉は使わずに貯めるタイプだったのですが、高校生の時にカナダに短期留学する際に、それまで貯めてきたお年玉を全て親に返しました。
大事に大事に貯めていたものですが、その時は躊躇なく、お年玉を出すことが出来ました。
そして、初めての海外、カナダ留学はとても楽しかった思い出が残っています。

子供にとって、お年玉というのはとても大事なものだと思います。
今回、Yちゃんが十七弦購入のために、お年玉を出したと聞いて、とても嬉しくなりました。
きっと、十七弦を大事にしてくれると思います。
そして、今後、Yちゃんがますます上達することを確信しています。

 

2021年1月15日 金曜日

今日もまた、コロナ影響により、発表会の参加を取り止めたいというご連絡がありました。
ご連絡いただいた方は医療に従事されている方です。
専門外来以外に発熱外来もすることになり、皆さんに迷惑を掛けられないということで、欠席となりました。
12月から度々合奏は欠席されていましたが、個人レッスンや、自宅での練習を頑張って、ギリギリまで、発表会に向けた準備をされていました。

教室に通っていただいている生徒さんは、医療関係者と学校の先生がとても多いです。
医療関係のお仕事をされている生徒さんから、
「コロナでいろいろなことが制限される中、琴を弾くことが楽しく、気分転換になります」とか「琴の音色に癒されます」という声をたくさん聞いていました。

プライベートの自由なはずの時間も制限され、楽しみにしていたことも諦めなければいけない。
本当に悲しいことです。

「物凄く残念で仕方がありません」とご連絡いただいた、その無念の気持ちが伝わってきます。

一日も早くコロナが終息することを願っています。
また、皆さんが笑顔で戻ってこられることを祈っています。

 

2021年1月13日 水曜日

1月31日に大阪市中央公会堂で、一般非公開の発表会を予定しています。
出演者23名、出演者のご家族21名の予定です。

三密を避けるため、特別室(約162㎡)には演奏者と演奏者のご家族のみ入室してもらいます。
それ以外の皆さまは、隣の中集会室(約926㎡)から見てもらうようにお願いします。

適切な感染予防対策を実施し、無事に開催できることを祈っています。

 

2021年1月8日 金曜日

コロナの感染拡大に伴い、Dさんが発表会の参加を取り止めることになりました。
Dさん以外にも数名、コロナを理由に不参加となったのですが、特にDさんは、発表会に向けて、一生懸命練習していたので、本人も残念そうでした。
3月のコンサートでは、一緒に弾けることを願っています。

 

2021年1月7日 木曜日

今日は、TさんとFさんが体験に来られました。
2人とも琴は初心者で、体験では、さくらさくらを弾いてもらいました。

Tさんは、ピアノ6年、ギターの経験もある方でした。
琴は初心者ですが、初めて弾いたとは思えない程、最後まですらすらと弾くことが出来ました。
琴をレンタルして月1回レッスンにするか、レンタルせずに月4回レッスンにするか、家族と相談するということでした。

Fさんは、楽器経験が無い方です。
ディズニーで琴を弾いているのを見て、琴を弾いてみたいと思われたそうです。
思ったよりも難しかったようで、今後のレッスンについては、検討するとのことでした。

楽器の経験が無い方でも、練習して、どんどん上手になる方はたくさんいます。
ただ、楽器の経験が無い方は、最初の体験だけで、「難しくて、自分には弾けそうにない。」と思われてしまう方もいます。

せっかく琴に興味を持ち体験に来ていただいているので、そのような心配を取り除くことが出来るように、「どのように伝えるべきか」考えていきたいと思います。

 

2021年1月6日 水曜日

今日は、10ヵ月ぶりにHさんが来てくれました。
久しぶりにお会いしましたが、お変わりなく、元気でよかったです。
琴爪を無くしたそうで、今日は琴爪と新しい楽譜を購入されました。
新しい琴爪と楽譜で、また新たな気持ちでいろいろな曲にチャレンジしてもらえたら嬉しいです。

 

2021年1月5日 火曜日

新年、生徒さんから年賀状が届き、しばらくお休みされている方もお元気のようです。
コロナがあるので、お休みされている方に対して、私から連絡していないのですが、年賀状を通して、皆さんの近況を知れるのは嬉しいことです。
今年こそは、コロナが終息して、直接お会いできることを願っています。

 

2021年1月4日 月曜日

最近、「あくるひ」という新曲を練習しています。
転調や押し手もたくさんあり、難しい曲です。
新曲なので、私も手探り状態です。
Youtubeの演奏動画を参考にしながら、弾きやすい指使いを模索しています。
まだ1琴しか弾いていないので、今後、2琴と17弦も練習する予定です。
知らない曲を練習するのは大変ですが、少しずつ弾けるようになるのは、楽しいことでもあります。
私も、まだまだ勉強中です。
たくさんの良い曲に出会って、皆さんにお伝え出来るように頑張りたいと思います。

 

2021年1月3日 日曜日

今日は、約3か月ぶりにKさんのオンラインレッスンでした。
Kさんは、3か月間、沖縄に行っていて、レッスンはお休みされていました。
琴は9月までレンタルしていたのですが、今回新たに購入されたそうです。

最初は琴をレンタルし、その後、琴を購入される方も多いです。
購入した方は、琴を長く続ける方が多いので、私は購入してもらえた方が嬉しいです。
大事に長く琴を弾いてもらいたいです。

 

2021年1月2日 土曜日

今日は、今年初のレッスンでした。
発表会の曲がなかなか弾けなくて、悩んでいた方ですが、毎日練習を重ね、ほぼ完璧に弾けるようになっていました。
「やっと、つかめてきました!分かってきました!」と晴れやかな表情でした。

皆さんの頑張りや成長を見ることが出来るのは、とても嬉しいことです。
今年も素敵な一年になりそうです。

 

2021年1月1日 金曜日

明けましておめでとうございます。
今年は、1月に発表会、3月にコンサートを予定しています。
まずは、発表会とコンサートの成功に向けて頑張っていきたいと思います。
そして、今年は、東大阪に新たな教室を開講する予定です。
たくさんの新しい出会いがあることを願っています。

一日も早く平穏な日常が戻りますように。
皆さまにとって、飛躍の一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。

 

過去のブログ

2021年  1月~3月  4月~6月 

2020年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2019年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2018年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2017年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2016年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2015年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2014年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2013年  1月~3月  4月~6月  7月~9月  10月~12月

2012年