くり甲琴・玉縁紅木巻 [BR07]

660,000円(税込) ※送料無料

材質:[本体]桐 [四部六分等]紅木
寸法 : 6尺(約182cm)
糸 : 強力テトロン17.5

玉縁巻きの最高級くり甲です。

密度の高い桐材を使用しており、素晴らしい木味(きあじ)です。今では非常に希少な桐材です。
一般に、木目は多い方が良いとされています。それは外見の美しさもさることながら、原木が年月を経ている(年輪を重ねている)ということなので、木目の数が多い程、木の質が固く引き締まります。木の質が固く引き締まっている琴は、音色に深みが出ます。

また、この琴は、全てを包み込むような柔らさがあり、クリーミーな音色です。
このような音色は、この木味で、ある程度年数が経過したお琴にしか出せないものかもしれません。
古曲から現代曲まで、美しく表現出来る万能な琴ですが、特に宮城曲向きで、「瀬音」や「手事」にピッタリだと思います。

柏の玉縁飾りに象牙を使用しています。
良い原材料には、それに応じて良い加工をし、良い装飾を施します。柏の玉縁飾りに象牙が使われることは稀で、それだけ良い桐であることの証です。

【新品想定価格】
160万円
【状態】
・割れや大きな傷はありません。
・ガタつきはありません。
【付属品】
・琴柱
・琴台(鳥居台)
・琴カバー
【備考】
・2022年6月撮影 
・年に数回、演奏会等で使用